Profile

1956年 横浜生まれ。本名・武藤政彦。 少年時代は人に話を聞かせることや油粘土のジオラマを作ることが好きな 「お話小僧」「粘土小僧」だった。 中学・高校時代、ブラスバンドでトランペットを吹くかたわら 油彩画を描き始める。1979年 創形美術学校研究科修了。 1980年代半ば、ヨーロッパ外遊を境に徐々に 油絵から立体作品へと移行する。 1987年、初めての電動式からくり人形作品〈天国と地獄〉を発表。 1990年頃より、複雑な人形の動きとストーリー性が加わり、 光、音、装置転換、本人の語りなどの要素が絡み合う 現在の「ボックス・シアター」スタイルを確立。 前人未踏のからくり人形の世界を開拓し続けながら、 日本各地で展覧会を開催している。